「春の嵐」から感じること

「春の嵐」から感じること

昨日の「春の嵐」は全国各地ですごい被害がでたみたいですね。

私が住んでいる福岡も、ものすごい風でした。

テレビのニュースもワイドショーもこの話題でもちきりでしたね。

都会では交通網が遮断されたみたいで「帰宅難民」が続出したみたいです。

タクシーに大行列が出来ていました。

新幹線も運休になり、多くの人々が新幹線の中で一夜を過ごしたようです。

天候しだいで私たちの1日は大きく変わりますよね。

特に昨日のような「春の嵐」だったり「台風」が来たりしたら、

大人たちは被害を最小限に抑えようと必死で家の周りを片付けたり、

ビニールハウスが飛ばないようにロープで結んだり、必死になってますよね。

でも、子供たちにとっては、ある意味「イベント」ですよね。

学校は臨時休校になるし、外では大人たちがいつもと違う動きをしているし、

テレビでは「強い風に注意してください」って呼びかけてるし。ワクワクしますよね。

昨日も近所の子供たちは、あの強風の中、大はしゃぎで遊んでました。

外で遊ぶのが好きな子供たちは風をミカタにして遊ぶのが上手ですね。

シャボン玉をふぅって吹かずに風の力を借りて遊んでました。

他にも風に向かって走ってみたり、背中にマントに見立てたバスタオルを羽織って「スーパーマンごっこ」してました。

普段体験できないような風で普段出来ない遊びを思いっきり満喫していました。

テレビでインタビュー受けてた子供たちも、新幹線で一夜を過ごせたをすごい喜んでましたよ。

新幹線が大好きな私からしたらす ごく、うらやましい限りです。

でも、こっれてやっぱり「異常気象」ですよね。

今年は寒すぎた冬の影響で梅が咲かなかったり、例年にない積雪量、夏は猛暑に大型化する台風、ゲリラ豪雨。

将来的には秋がなくなってしまうとか聞いたことあるし・・・。

地球温暖化も進むばっかりだし・・・。

今の日本には異常気象の問題のほかに放射能汚染の問題もあるし、

正直私から見れば「地球はもう悲鳴をあげている」って感じですよね。

もしかしたら本当に2012年12月に地球は滅亡してしまうかもしれない・・・なんて思ってしまう今日この頃です。