バターとコーンとお餅

バターとコーンとお餅

どうしてこうも、バターとコーンは相性がいいのでしょう。おいしいとうもろこしは、塩茹でに限ります。しょうゆもみそも、もちろんバターも、他の味付けは何もいりません。何か手を加えてしまったら、素材の甘味を存分に楽しめなくなってもったいないです。

でもちょっと鮮度が落ちたものや甘味が少ないものは、バターで炒めると風味がアップ。バターの力さえ借りれば、冷凍コーンだってとてもおいしく生まれ変わります。とうもろこしをバターで炒めようと、最初に思いついた人を尊敬します。

バターコーンの味を再現したものは、インスタント食品やお菓子やスイーツなど、ジャンルを問わずたくさんあります。その中でも、和菓子でのバターコーンって珍しいと思いませんか?

地元で大人気のふうれんソフト大福の種類の一つに、バターコーンがあるんです。ふうれんソフト大福は原料にもこだわっているので、使われているのは北海道産のスイートコーン。北海道で採れたとうもろこしは、とっても甘いんですよね♪

初めてバターコーン大福を知ったときは、ちょっとためらいました。大福もバターコーンもおいしいけれど、バターコーン大福ってどうなんだろうと…。食べてみると、何もためらう必要はありませんでした。これは普段滅多に和菓子を食べないという若者の口にも合いそうです(^^)

大福といえば、小豆あんに限るという人も大勢いると思います。どちらかというと、私もその部類でした。でも、先入観を持ってはいけませんね。バターコーンの大福なんておいしいわけがないと思ったままでいたら、この大福のおいしさも知らないままでいたことでしょう。

バターコーンの大福を食べたら、とうもろこしをバターでソテーして食べたくなってしまいます(^^ゞ 季節はずれでも年がら年中いつでも手に入る冷凍コーンはありがたいです。

脱毛 池袋

花粉症はめんどくさい!

今日はすごくいい天気でまさに洗濯日和。

久しぶりにお布団も干したい。

でも、我が家には重度の花粉症患者がいるから、この時期に外に洗濯物干すとか、お布団干すとか禁じられています。

私は花粉症じゃないからその辛さはまったく分かりません。

でも、見ているだけですごく辛そうなのは伝わってきます。

3人家族の中に花粉症は2人います。主人と子供です。

アレルギー性鼻炎も遺伝するらしいですよ。

私の子供は3歳なんですが、1歳の春にアレルギー性鼻炎と診断されました。

スギ花粉、黄砂に反応しているらしいです。1歳で花粉症とかビックリです。

先生が言うには遺伝性のものらしいです。主人が半端ナイ花粉症だからだそうです。

主人の花粉症って以外にお金がかかるんです。

なかなか病院に行けないので薬はほとんど市販薬。

しかも、使い分けてるらしく、昼間は副作用が少ない薬をつかってますが、ものすごく高い。

14日分で3000円。14日分入ってるのに何故か7日でなくなる。1日1錠を1日2錠飲むから・・・。

そして、夜用の薬。これは眠くなってもいい薬だからそんなに高くない。

あっ、体質改善の漢方薬も飲んでるからこれが1ヶ月に1万円。改善されているかは不明。

この他に、空気清浄機が寝室とリビングで稼動してるし、先日はついに車内用の空気清浄機まで購入。

マスクは100枚入りは使わず花粉症用のちょっと高いやつ。水泳のゴーグルみたいなのはめてるし。

目の消毒薬に鼻うがいが出来る専用の機械、花粉症にはこれがいいよ! !ってテレビで放送されれば必ず買う。

そういえば、アレルギー科に行って保険が適用できない注射もやってた。

どれもこれも試してみるも、思ったほどの効果はなかったようです。

この時期の花粉症による我が家の出費は5万円を超えるかもしれない。

怖くて計算できないよ・・・。

なんで、日本にはスギの木が沢山あるんだろう。日本特有の病気らしいしよ。

子供の花粉症も去年に比べてひどくなってる気がするし、先が思いやられる。

花粉が落ち着くまであと少しかな。。。

でも、花粉が終わったら今度は梅雨の時期がやってくる。考えるだけで憂鬱になるよ・・・。